「美しいキモノ」最新号【2017年冬号】73ページ右下掲載帯のご紹介

今回ご紹介する帯は「経錦、吹き松」です。

以前にも経錦の帯をご紹介いたしましたが、一般的に「経錦」は3種類3色の経糸を使用しして柄を生成します。3種類3色ですから色数も少なく、また経錦が元々もつ特性により細かい柄を表現することが難しくなります。おび弘の「経錦」は経錦の柄を地とし、さらに唐織調に緯糸を通すことにより多くの色や細かい柄を織ることを可能にしています。今回の帯の経糸は「金茶」の金糸と「グリーン」と「クリーム」の絹糸の3色構成です。唐織調で織った部分の柄は松と桜に新緑の楓を配しています。まるで松の街路樹を空から見下ろしたかのような構図を思わせる柄行です。新緑の楓があることで5月ぐらいまで締める事ができる帯となります

帯に関するご質問がありましたらお気軽にメールにてお問い合わせください。

#雑誌掲載帯

Featured Posts
Recent Posts
Archive
Search By Tags
まだタグはありません。
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square