くし織名古屋帯

経糸と緯糸を規則正しくならべず、たわわかな風合いを出す為、くしで緯糸をたぐり寄せる織り方です。 経糸に紬を使うことによって、立体的な素材が出来上がります。

そこに、シンプルな唐草文様を配置することで、お着物を選ばない柄いきながら、一味違った織の風合いを魅せる事ができるシンプルと複雑さを織り交ぜた出来上がりとなります。

#新着帯情報

Featured Posts
Recent Posts