Follow Us

July 29, 2017

吉祥紋様とは良い兆候、おめでたいしるしという意味を表した文様の総称です。

吉祥紋様解説第1回にふさわしいのはやはり定番の「松竹梅」ではないでしょうか。

元々は中国の「歳寒三友(さいかんさんゆう)」が日本に伝わってきたものです。中国では

松と竹は寒さに耐え、色も褪せず緑のままで、梅は寒い中一番初めに花が開く

「清廉潔白」「節操」の意味を持ち古来より書画などの題材として数多く使われてきました。

ですから今日、日本でイメージされている「おめでたい」というイメージとは全く違います。

日本では諸説ありますが、ある時代より松は「不老不死」竹は「子孫繁栄」梅...

July 7, 2017

今日は七夕です。

今から1200年前にまとめられた万葉集には多くの七夕の歌が残されています。

万葉集の第10巻に柿本人麻呂の歌とされる

「天の川 楫(かぢ)の音聞こゆ 彦星(ひこぼし)と織女(たなばたつめ)と 今夜会うらしも」

というものがあります。歌の意味は「天の川に彦星のかじを漕ぐ音が聞こえます。彦星が天の川を渡り今夜織女と会うようです。」となります。今の人も昔の人も星空への思いはそれほど変わりないようです。

他にも万葉集第8巻にあり山上憶良による

「天の川 いと川波は 立たねども さもらひかたし 近きこの瀬を」

この歌の意味は「天の川の波は...

Please reload

  • Facebook Basic Square
Please reload

Recent Posts
おび弘ブログ
Archive
Please reload