Follow Us

February 24, 2017

経糸と緯糸を規則正しくならべず、たわわかな風合いを出す為、くしで緯糸をたぐり寄せる織り方です。
経糸に紬を使うことによって、立体的な素材が出来上がります。

そこに、シンプルな唐草文様を配置することで、お着物を選ばない柄いきながら、一味違った織の風合いを魅せる事ができるシンプルと複雑さを織り交ぜた出来上がりとなります。

February 24, 2017

去る1月末、雪深い、弊社 おび弘 山門工場 に、お相撲好きなアメリカからのお客様が。

「世界が驚いたニッポン!   スゴ~イデスネ!!視察団」

近々、 放映日が決定しますので、またお知らせしたいと思っております。

社長が外せない仕事の為、代わりに、まん丸顔の取締役広報の、池口奈津子が、案内役をさせていただきました。

Please reload

  • Facebook Basic Square
Please reload

Recent Posts
おび弘ブログ
Archive
Please reload