「美しいキモノ」最新号【2018年夏号】99ページ掲載帯のご紹介

今回ご紹介する帯は「絽綴名古屋_横段トンボ」です。

ほとんどの絽綴の帯が海外生産になる中、おび弘では国内で手織りしています。

組織の拡大写真をご覧頂くとおわかり頂けますが白い色の部分は縦糸で絽を形成し、

それ以外の部分はベリー色の地を含めてすべて綴織りで織られています。

トンボは勝ち虫と呼ばれ、大変縁起のよいものなので着物や帯の柄によく利用されます。本誌の小紋の着物にも大変よく合っています。

帯に関してご質問がありましたらお気軽にメールにてお問い合わせ下さい。

#雑誌掲載帯

Featured Posts
Recent Posts