Please reload

Recent Posts

「きものSalon」最新号【2018-19年秋冬号】表紙掲載帯のご紹介

October 2, 2018

1/3
Please reload

Featured Posts

秋の帯のご紹介「本袋 漉綾 くし寒露」

October 27, 2017

「水底を水の流るる寒露かな」

 

これは2003年に亡くなられた俳人、草間時彦さんの句です。

「寒露の時期にサラサラと流れる澄み切った川を見ると川底まで見え、そこの流れまでわかってしまう。」

川の透き通る様子と秋の透明感を結び付けて詠まれたと推測されます。

寒露といえば、1年を24等分した暦である「二十四節気」の1つで、この頃から露が冷たく感じられ、寒冷の気が濃くなるとともに透明度を増し秋が深まってくる時期とされます。具体的な時期は、10月8日から10月22日までとなります。あれ?もう終わっているではないか、と思われたことでしょう。実はこの記事のエントリーは10月8日に完了しておりました。異常気象が世間を騒がせる昨今、今年の10月8日は東京で26.4℃、大阪ではなんと28.4℃まで気温があがり、真夏日一歩手前の日となりました。はたしてこの日に、寒露の記事をアップしてよいものかと悩まされ、暑さに屈した結果公開を断念いたしました。機屋は時候をとても大切に致しますので、実際の気候と暦とのギャップにいつも悩まされています。

 

さて今回ご紹介する帯は「本袋 漉綾(すきあや)くし寒露」です。

 

「万葉の頃より、移ろいゆく自然、人の世の常を綴ってきた和紙。植物繊維を水中で、成すがままに絡み合わせ、手濾によって薄く伸ばされた和紙。その強く、質朴な風合に安らぎを覚え絹の光沢に優雅を味わう。延々と受け継がれてきた日本の間が筆の運びにそって現れる。」

 

これは実際に漉綾がつくられるきっかけとなった時の発案者のメモを、そのまま転載したものです。この帯は櫛織りの本袋という恐らくはおび弘だけしか織れず、さらにそこへ箔を引くという大変貴重で珍しい物となります。透け感がある櫛織りに和紙にのった箔を引くことにより上記の発案者の思いを見事に表現しています。

箔は焼き箔を使用、落ち葉の重なりを表現するために緑、紫、鼠色の3種の綾織を利用、さらには赤の落ち葉を引き立たせるためにその部分だけ唐織となっています。

おび弘の技術が凝縮しており、他にはない独自性に満ちた逸品帯となります。

 

帯に関するご質問がありましたらお気軽にメールでお問合せくださいませ。

 

 

 

Please reload

Follow Us
Please reload

Search By Tags