麻織物名古屋帯 吉野格子 紫

白糸の部分をたてよこ共に麻糸を使用した

夏の名古屋帯です。

格子の部分には数種類の組織を用いて

奥行きのある立体感を表現しています。

絹糸に比べて麻糸は切れやすい為

それぞれの組織がとても織りづらく

織手泣かせの逸品です。

#新着帯情報

Featured Posts
Recent Posts