EVENT

NEWS

『わーと日本橋』

『わーと日本橋』

「わーと」とは、和とアートを組み合わせた新語で、和文化を、伝統的視点からと、アートイベントの視点からの両面からとらえて、新しい文化発信を目指しています。今回のイベントは、日本の伝統文化である「きもの」と、竹を使って空間を演出する「竹あかり」との共演です。かつて江戸文化の中心地、東京日本橋から発信します。

『わーと日本橋』

『わーと日本橋』

おび弘もトータルコーディネートで参加致します。 和×アートの世界に是非お越し下さい。 ーわーとな日本を世界に発信!ー 「わーと」とは、和とアートを組み合わせた新語で、和文化を、伝統的視点からと、アートイベントの視点からの両面からとらえて、新しい文化発信を目指しています。今回のイベントは、日本の伝統文化である「きもの」と、竹を使って空間を演出する「竹あかり」との共演です。かつて江戸文化の中心地、東京日本橋から発信します。

「織三蹟」展

「織三蹟」展

3月6日から11日まで代官山ヒルサイドテラスC棟ギャラリー+E棟ロビーにて西陣の織屋三軒:お び弘・帯屋捨松・織楽浅野が平安時代の書家:小野道風・藤原佐理・藤原行成の三蹟に学び、その和様の美しさを自分たちの織に問う機会を求めて「織三蹟」展 を開催させて頂きます。西陣に織れぬものなしと紋織物の伝統を受け継ぎ織を家業とする個性あふれる織屋三軒の織を楽しんで頂けたらと願います。織楽として2011年30周年記念展「不易」から3年。東京では2009年ルベインで開催いたしました「織又織」展から5年と久しぶりのギャラリーでの展覧会となります。

「織三蹟」展

3月6日から11日まで代官山ヒルサイドテラスC棟ギャラリー+E棟ロビーにて西陣の織屋三軒:お び弘・帯屋捨松・織楽浅野が平安時代の書家:小野道風・藤原佐理・藤原行成の三蹟に学び、その和様の美しさを自分たちの織に問う機会を求めて「織三蹟」展 を開催させて頂きます。西陣に織れぬものなしと紋織物の伝統を受け継ぎ織を家業とする個性あふれる織屋三軒の織を楽しんで頂けたらと願います。織楽として2011年30周年記念展「不易」から3年。東京では2009年ルベインで開催いたしました「織又織」展から5年と久しぶりのギャラリーでの展覧会となります。

Go to link